若手技術者への財政的支援について

 CIGRE活動において日本のプレゼンス向上への貢献が期待できる若手技術者に対して渡航費用等の財政的支援を行うことにより,若手技術者育成の一助と致します。
 その原資については,2014年 2月開催のJNC総会での報告の通り,為替変動等に伴う2010年および2012年パリ大会参加費収支差(約5百万円)を充当することとします。


■ 運用方法

◆◆対象者:CIGRE主催の会議(シンポジウム,コロキウム,AORC会議等)にて,以下に示す活動のいずれかに参加する若手会員(ただし,国際的な活動を念頭に置いているため,本部ルールによる若手会員に限定します)
 ◎ WGへの参加(オブザーバでもメンバーでも可)
 ◎ グループ討議,SCテクニカルミーティングでのコントリビューション
 ◎ 英国NGN (Next Generation Network) 活動等への参加
  ただし,以下に該当する方は対象外とします。
  × 大学や企業など所属機関から渡航費用が全額支給される場合(重複受給は認めません。JNCからの支援金額を超える部分のみを支給される場合は,支給対象とします)
  × 既にこの若手技術者支援金を支給された方(支援は1人1回限り)
◆告知方法:支援対象となる会議の開催案内をJNCウェブサイトおよびメールマガジンにて周知すると同時に,支援金を希望する若手技術者を募集します。
◆申込書提出:支援金を希望する若手技術者は,申込書に必要事項を記入の上,当該SCの国内分科会委員長経由でJNC事務局に提出いただきます。
◆選考方法:上記対象者から,今後日本のプレゼンス向上への貢献が期待できそうな方,各SCでの活躍が継続的に期待される方を,国内分科会委員長から推薦いただき,JNC執行委員会で選定します。
◆支援金額:30万円/人を上限(正規割引航空券(PEX)以下,エコノミークラス)とし,渡航費用の実費および大会参加費を支給します。ただし,宿泊費は2万円/泊を上限とします。また,学生であれば,大会参加費は本部の規定により2名まで免除されますので,その分は支給対象外となります。
 なお,JNCからの支援金が公正に支出されたことを示すため,領収書(写)等の証拠書類を添付した会計報告書をJNCの会計担当幹事に提出いただきます。
◆報告書提出:帰国後,当該SCの国内分科会委員長経由でJNCに報告書を提出いただき,JNCウェブサイトに掲載します。


■ 支援対象者募集のご案内

2015年 CIGRE A3&B3名古屋会議(.pdf)

◆2015年 CIGRE Lund シンポジウム(.pdf)【終了しました】

◆2014年第45回CIGREパリ大会(.doc)【終了しました】


■ 支援金申請書

若手技術者支援金申請書 (.docx)



▲ページトップへ